雑食性おやじのメタボですが何か?

埼玉の雑食性おやじが川越を中心に日々の外食メニューを紹介するだけのメタボ日記。月〜金はお昼ゴハンも仕事の一部、安くて美味しいゴハンを見つけられたら午後の仕事にも力が入ります。 味についてはあまりゴチャゴチャ書きません。どちらかというと味音痴なので「すごく美味しい」「美味しい」「普通」しかわかりません。好みは人それぞれです。

わらじカツ丼

 先週、工業団地飯定食かつみというお店に入ったときに、わらじカツ丼がオススメというので、気になっていたのです。

 今日はそいつを目的に「工業団地めし」に行きました。

f:id:donguripapa:20190422195941j:plain

 おお、わらじカツ丼だ。

 カウンターで「味は付いているので何もかけずにお召し上がりください」と言って出してくれる。

 たしかに、初めてこれを見たら、ご飯にトンカツが乗ってるだけ?何かけるの?とりあえずソース?って考える人もいるかな。

 トンカツに限らず、これにはこれをかけるもの!という信念のもと、箸より先に調味料を手に取る人いますもんね。

 

 秩父(主に小鹿野)で、わらじカツ丼のお店を巡っている私の評価は厳しいですぞ、などと心に思いながら、いただきます。(エラそー!)

 

 はい、美味しいです。

 

 何がどう美味しいのか?

 そこは、プロフィールに書いたように、細かい分析も気が利いた食レポもできません。

  ご当地グルメ的に 〇〇カツ丼といったものをよくみかけますが、これはまぎれもなく「わらじカツ丼」です。

 

 ここは川越ですが、わらじカツ丼巡りの一店に加えます。